恋愛中の男が自分の彼女に語りかけているとき - 恋愛成功法則

恋愛中の男が自分の彼女に語りかけているとき





うまく誘えたら、その日のおしまいはわざと引っ張らないで、最後の一番の盛り上がったところでわざとおしまいになると、次のデートもきっと楽しく会いたいと思わせるという現実があります。

陥落させたい相手ががっくりと落ち込んでいる時は反対に陥落させたい相手の心を振り向かせる勝負の時期!高い声と低い声をうまく使い分けろ!高い声なら元気を与え、低い声で話してあげれば相対する人に安心する感じを与える事が可能になります。

現実的な例では、少し離れたところから陥落させたい男の人を声をかけてみて、急いで早足で近づいてきたり、走って近づいてきたら、気になるという感情を持ってくれている相手であるチャンスが大いにありと言えるでしょうね。

相手を思う感情の中にはしゃべる言葉よりも多くの深い沈黙がある。恋愛中の男が自分の彼女に語りかけているとき、恋人は話声ではなく沈黙に魅了されていると言える。

驚きの情報!真っ暗闇の心因的な刺激は、バツグン!!自分の表情が暗闇でうまく隠れる事で、安堵感のみならず開放感をも得る。特別な人以外は、自分の表情を読まれる事では耐え難い事であるためだ。

現在はインターネットでの出会いも増加している様だ。奥さんやご主人さんを見つけたい人専用のサイトのみならず、オンラインゲームや好きなカテゴリの交流サイトが動機となった出会いも多く小耳に挟みます。

所属先の人や、お酒を飲みに行ったバーなどでほんの感情程度に挨拶を交わしたお客さん、これもしっかりした出会いと言っても過言ではありません。こういう場面で、男として、女としての自覚をさっさと止めていませんか?

リアルではない空間で真剣な出会いが探求します。いつ何時でもOKだし、最寄り駅だって公開せずに相手を探せるという文句のつけようがない長所を実感していただけますからね。

女性の心理学の定めによると、人間は初めて顔を合わせてから遅くとも3度目までに相手との関わり方が明確になるという論理が含有されている様だ。3回程度の話し合いで、その方が所詮顔見知りなのか恋愛感情が生まれるのか見極められるのだ。

異性に対して大らかな己の事を話すと、同僚から、ふらりと入ったワインバー、胃腸風邪で出向いたクリニックの診察室まで、多様な場所で出会い、付き合いだしている様だ。

2015-07-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 恋愛成功法則 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。